■ 会社沿革

1933年 1月木梨電機製作所 創業 初代社長に木梨春治朗就任。
1948年 3月有限会社木梨電機製作所として上目黒に創立。
1953年12月株式会社木梨電機製作所に組織変更
1956年 6月警察庁よりMDF関係の調達工場の認定を受け、取引開始。
1959年 6月運輸省航空局のMDF指定工場として認定を受ける。
1960年 4月第二代社長:木梨昭次社長就任
1961年 5月日本道路公団、指定工場の認定を受ける。
1963年 7月首都高速道路公団よりMDF指定工場として認定を受ける。
1965年 9月東京都庁より通信設備機器の指定工場の認定を受ける。
1967年 9月防衛庁調達実施本部より多重通信、回線切替盤などの指定工場として認定を受ける。
1968年 2月大日本印刷株式会社と取引開始。
1968年 9月松下通信工業株式会社(現パナソニック株式会社)の交通端末機器グループに参入し、交通機器関係の取引開始。
1975年 5月松下通信工業株式会社(現パナソニック株式会社)主要協力工場の指定を受けるとともに松下電器・協栄会会員会社となる。
1986年11月松下通信工業株式会社(現パナソニック株式会社)より超音波車両感知機器自主品質認定工場の指定を受ける。
1987年12月座間市広野台に本社工場完成。翌年1月、本社工場操業開始。
1988年 5月第三代社長:河原周八社長就任。
1995年12月レーザーテック株式会社と取引開始。
1999年 2月神奈川県優良工場の表彰を受ける。
2000年 9月環境規格ISO14001の認証を取得。
2002年 5月神奈川県モデル工場の指定を受ける。
2004年 3月品質規格ISO9001の認証を取得。
2006年 5月第四代社長:城所明男社長就任。
2007年 5月大和税務署より優良申告法人として表敬を受ける。